fc2ブログ

【Skyrim】ガッツさんのスカイリム冒険録 その8

しばらくはガッツさんに専念します。
といってもこればっかりじゃ飽きるだろうなー、主に俺が。
なにかあいだに挟むネタ考えないとなー。
つまり現状なにも考えてないんですが、行き当たりばったりが俺の信条なので気にしない事にしよう。

というわけで前回の激闘(?)の結末からってことでドウゾ。
あ、でも今回はすごく低調なのであんまり読まなくても大丈夫です。
前回が気合入れすぎだってだけだったりしますが。
つまり全力でもあの程度ってことなんで、のんびり見守っていただければ。


山賊退治するだけの簡単なお仕事のはずが、いつの間にか世紀末的な地獄の戦いを強いられたガッツさんご一行。
そもそも自分からドラゴンに挑んでいったので全部自業自得なんですけども。
その後何度もやり(死に)直すうち、なんと数と力で勝るファイアージャイアント軍団が敗れるという展開に。

2012-11-10_00017.jpg

いや、ドラゴンにですが。
相打ちという形で残るは手負いのドラゴン1体!
ついにガッツさん達にも勝ち目が巡って来たようです。
とはならず、なぜか遠くでうろうろしだして戦闘に加わらないデビさんに、既に消耗しきっていてすぐ膝をつくリディアさん。
即死しないようにヒットアンドアウェイに徹するガッツさんの攻撃もほとんど通らない、と泥沼の様相。

2012-11-10_00018.jpg

するとそこにホワイトラン衛兵隊の皆さんが駆けつけてくれました。
幸運にも戦場のすぐ近くに彼らの監視塔があったのです。
いくらドラゴンとはいえ数の暴力には負け、ついに飛び立てなくなりました。
このチャンスを逃さず集団でタコ殴りにする衛兵隊の皆さん、とガッツさんご一行。
え?手前?ああ、殴り疲れたんでしょう。

2012-11-10_00019.jpg

そしてついに、ついに、長かった戦闘も終わりを告げました。

2012-11-10_00020(1)

結局ほとんど何もできなかったご一行です。
しかしドラゴンと巨人軍団、そして最初に倒した山賊たちから多数の戦利品が手に入ったのでよしとしましょう。
あ、ついでに衛兵隊さんの亡骸からも貰っていきますね。

さて、忘れるところでしたが本来の目的に戻りましょう。
ホルステッド・ストリームの野営地で「鉱石変化」を手に入れる、というこってす。

2012-11-10_00028.jpg

中に入るとご覧の暗さ。
これは前回紹介したClimates Of Tamrielの効果の一つ、ダンジョンなどの屋内を暗くするものによる…と思います。たぶん。
ともあれ、バニラでは不自然に明るかったダンジョンに緊張感が生まれました。

2012-11-10_00029.jpg

松明を持ってこれですが…

2012-11-10_00030.jpg

しまうともう何も見えません。
これではスクショの意味もありません。
まあ、これだけ暗いのよってことで。

2012-11-10_00032.jpg

しかしいくら暗いからって中身はただの鉱山。
巣食っているのはそこらの山賊です。

2012-11-10_00033.jpg

(主にデビさんの活躍で)さくっと倒しました。
強すぎるか弱すぎるかの2極で、ちょうどいいバランスの戦闘にいまだ出会っていないような気がします。
ここには序盤の強敵といえる山賊長もいるんですが、3人がかりでボコって反撃の隙すらありませんでした。

2012-11-10_00035.jpg

というわけで鉱石変化の呪文書をゲット。

2012-11-10_00037.jpg

鉄の鉱石を採掘します。
だいたい50個くらいは集まったところで、準備完了です。

…ここに辿り着くまでほんと長かったんですが、ここからも長いんです。
この呪文の効果を覚えているでしょうか。
「鉄の鉱石を銀の鉱石に、銀の鉱石を金の鉱石に変える」と、金の鉱石を手に入れるには2工程かかるんです。
そしてガッツさんは剣士キャラなのでマジカも初期値のままです。
その状態で1回80以上のマジカを消費するこの呪文を100回近く唱えなければなりません。
つまり、すごく時間かかるんです。すごく。

2012-11-10_00039.jpg

というわけで作業開始です。
しかし序盤金稼ぎの定番、薪割りだって長時間の単純作業だったりしますので、実は結構慣れっこです。
某狩りゲーで炭鉱夫を100時間ほどやった俺の敵ではありません。

デビさんとリディアさんにはただ突っ立って待ってもらうのもアレなので座ってもらいました。
あとは唱えては1時間待機、唱えては1時間待機の繰り返しです。

2012-11-10_00040.jpg

しかしこの2人は座ってるだけで絵になる。
ガッツさんご一行が鉱山を出たのは、それから数日後のことでした。

つづく

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udaFjx

Author:udaFjx
僕の体の70%はゲームでできている
座右の銘は「いまさらなにを」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク